間取りのご提案事例

マンションリノベーション間取りデザイン

 

2LDKマンションを自宅オフィス兼アトリエに

 

家族構成:ご夫婦+ワンちゃん

与条件:オフィス新設/アトリエ新設(陶芸窯あり)/ご夫婦の居住スペース確保(オフィス・アトリエと分離)/収納の充実(特に洗面脱衣室)

今回はデザイン関係のお仕事をされていらっしゃるご夫婦からリノベーションするにあたり間取りを検討したいとご依頼をいただきました。

 

まずは、現在の住まいにお伺いして、モノの量を把握。衣類、日用品、書類、食器、家電などなど、その量をカウントしました。そして、リノベーション後も使用したい家具の採寸、今のお住まいで使いにくい収納など確認します。現在の間取りでお困りな点をヒアリングし、これからの暮らし方やどのような点に重点を置いて生活していきたいかを確認しながら間取りの方向性を探っていきました。

ご提案の間取りはこちら。


間取りの中でそれぞれのゾーニングを3段階ではっきりと分けました。

土間スペースを広くとり、土ものを扱う陶芸用のアトリエ空間は土間スペースに。デザイン関係のクリエイティブなお仕事をされるご夫婦のために、オフィス空間には書籍などの収納の充実と、デスクワークだけではなく、窓辺に寛げるスペースを設置。

中廊下式のマンションを改善することで、プライベートゾーンを守りながらも、解放感のある空間を考えました。

また、水回りを1か所にまとめることで、忙しい奥様の家事動線をスムーズにするために回遊しやすい間取りにしました。オフィスとアトリエは来客も入りやすい空間に。トイレはプライバシーを守りつつも来客が使用できるように工夫しました。

ポイントはこちらにまとめました。


収納を充実させるため、壁を活用。



これまで洗面脱衣スペースが狭いとお悩みでいらしたので、十分な収納が確保できるようにスペースをとりました。

洗濯時のチョイ掛けができるハンガーパイプも設置。



解放感のあるベッドルームと、ウォークインクローゼット。衣類収納のためのハンガーパイプはW2300mm3800mmまで増やすことができました。



全体の収納率はリノベーション前は8%未満リノベーション後(予定)15%ほどにまでアップ。(*収納率とは:家の占有面積に対する収納スペースの割合)使いやすい収納は奥行きが大切です。

収納したいモノ、1軒、1軒、持ち物の量は異なります。リノベーションの際にはひとりひとりの暮らしに合わせて、収納計画が必要ですね。

 

(インテリアデザインは別途となりますが、イメージや仕様を共有できるような画像を提示しています。)

 


 


間取り イノベーション リフォーム 収納 デザイン ペット